ベンツSクラスの値引き情報

値引きで100万円以上の差

新車価格が1000万円以上の価格がする大型サイズのベンツSクラスを購入する際、値引き交渉を全くしないという人も少なくないようですが、しかし最安値で購入しようと思えば多少なりとも値引き交渉をして購入することをおすすめします。

実際にSクラスを購入した方の値引き額の相場をチェックしてみると、0円から100円以上と非常に値引き価格には幅があることがわかります。

この差がやはり値引き交渉の有無にあるようですし、購入時期やメルセデス・ベンツディーラーの対応によっても異なるようです。

購入するタイミングの重要性

値引きが難しそうなイメージのある外車でも、コツを心得ていれば大幅値引きを勝ち取ることができます。

たとえば、購入するタイミングを考えてみましょう。

最も値引き幅が大きくなるのは、モデルチェンジ前です。

在庫整理に入ると100万円を超えるような値引きを引き出すのも夢ではありません。

フルモデルチェンジだけでなくマイナーチェンジも同様です。

また、3月、9月の決算月も値引き幅が拡大します。

販売店では一台でも多く売りたいという時期なので、自然に値引きも拡大するわけです。

6月、12月のボーナス商戦もおすすめです。

また、ライバル車と競合させるのも手です。

ライバル車には負けたくないという心理が働きますので、国産車をぶつけるよりも効果的でしょう。

ベンツ、ワーゲン、BMW、アウディ、MINI、ボルボ、ジープ、ポルシェ、フィアット、プジョーなど人気の外車価格と値引き相場をチェックし、相場以上の値引きを引き出すことができれば合格です。

下取り額で見積もり額が逆転する可能性

値引きと共に重要なのは下取り査定です。

下取り査定の差によって見積もり額の合計が逆転してしまうことも少なくありません。

一般にメルセデス・ベンツディーラーで下取りしてもらうよりも、買取専門店の平均買取価格のほうが高くなる傾向があります。

たとえば、5代目にあたるW221型はクーペのようなスタイリッシュなデザインと高級感溢れる内装で中古車市場でも大変人気があります。

特に維持費が安いハイブリッドの買取価格は高額が期待できます。

また、高性能モデルであるAMG仕様の買取価格も高額が期待できます。

仮に、メルセデス・ベンツディーラーでの下取り価格が350万円程度だったとして、もし買取店での買取価格が500万円以上であったとすれば、それだけで150万円の値引きがあったのを同じことになってしまうわけです。

Sクラスを最安値で購入するには、値引き額だけでなく、このような下取り車の買取価格を意識することも重要なのです。

参考:ベンツの値引き相場(Sクラス)